足場を固定する「ベース」についてご紹介!
2023.10.27

足場を固定する「ベース」についてご紹介!

「ベース」は足場を組み立てるときに基礎となる部材です。
地上に足場を固定する際に用いられます。この記事では、「ベース」の用途や種類についてご紹介します。

目次

ベースとは?

ベースは建築現場や工事現場において安定した足場を構築するために不可欠な要素です。建地の単管パイプや支柱を固定するなどの目的で使われます。ベースには多くの種類が存在し、それぞれのベースは異なる用途に適しており、足場の安全性と安定性を確保する上で重要な役割を果たすため重要な資材とされています。

ベースの種類

固定ジャッキベース

ジャッキベースは、資材の下にあるハンドルを回すことで高さを調節することができ、傾斜地などで足場を設置する際に使用されます。地面の段差や傾斜に対応するため、ジャッキベースを使用することで、安定性の高い足場を構築することが可能となります。

自在ジャッキベース

自在ジャッキベースは、建地の単管・パイプを固定するための可動性のあるベースです。左右に動くことができ、傾いている地形においても柔軟に対応できます。自在ジャッキベースはジャッキ部分が左右に傾斜することが特徴で、屋根や傾斜地での傾いている場所での足場構築に適しています。

固定ベース

固定ベースは、建地の単管・パイプをしっかりと固定するためのベースです。固定ベースは可動性を持っていないため、足場を固定する際に使用されます。

回転ベース

回転ベースは、下屋上の足場を組み立てる際に使用され、建地の下部に設置されます。また、控柱や壁つなぎを設置する際にも使用されます。回転ベースは自在ベースの一種であり、その可動性により、屋根の勾配に合わせた足場の構築や複雑な足場の組み立てに対応できます。

アンダーベース

固定ジャッキベースは単独で使用せずに、「アンダーベース」と言われるプラスチックまたは鉄製の敷版を下に敷いて使用します。アンダーベースをジャッキベースの下に敷くことで、地面にかかる荷重を分散することができるので、足場をより安定させることができます。

下屋用アンダーベース(ルーフベース)

屋根などの傾斜がある場所に足を立てるときに使う敷板です。 建物に傷がつかないよう、耐熱性やクッション性があります。

ラバーベース

強化ゴム製で、裏面に強力な滑り止めリブがついているため、滑り止め、傷防止に使用されます。屋根用としても最適であり、熱による相手側への付着及び汚染性がないことが特徴です。

ジャッキベースの価格帯

ジャッキベースの価格相場は1,500〜3,000円前後です。製品の種類や、防錆効果のあるドブメッキ加工など、加工や材質、認定の有無によって価格が異なります。
※価格は目安であり、市場環境及び鋼材価格により変動いたします。

ジャッキベース(新品商品)はこちらから!

ジャッキベース(中古商品)はこちらから!

ジャッキベース(特価商品)はこちらから!

ドブメッキ加工とは

ドブメッキ加工とは、鉄鋼製品や鉄の部品に亜鉛メッキを施す耐腐食処理の一つです。鉄や鋼材を長期間にわたり錆から保護し、耐久性を向上させるために広く使用されています。ドブメッキ加工の特徴は、亜鉛と鉄鋼が金属的な結合を形成し、亜鉛皮膜が鉄鋼表面を覆うことです。この亜鉛皮膜は、鉄鋼を外部の環境から保護し、錆や腐食から守ります。また、亜鉛自体も酸化しにくく、耐久性が高いため、製品の寿命を延ばす役割を果たします。

足場のベースなどにドブメッキ加工が施されることで、建設現場や屋外での使用において、耐久性を向上させることができます。

まとめ

今回は「ベース」とは何か解説し、用途や種類、価格などについてご紹介いたしました。建築現場などで使用されるベースは、建地の単管パイプや支柱を固定するなどの目的で使用される足場材です。足場の基礎の一つであり、仮設足場を組み立てる際に欠かせない部材です。ぜひ参考にしてみてください。

ASNOVA市場では足場商品を始め、仮設機材を幅広く取り扱っております。是非ご覧ください!より詳しい情報についてはお気軽にお問い合わせください。