中古足場の購入は経営基盤の強化に繋がる!?中古品のメリット・デメリットをご紹介
2023.05.08

中古足場の購入は経営基盤の強化に繋がる!?中古品のメリット・デメリットをご紹介

2019年12月に新型コロナウイルスが流行し、先行き不透明な状況が約3年間も続きました。このような社会情勢において、中古品の購入は経営基盤の強化に繋がることがあります。中古品の購入です。新品は耐久性があり長く使うことができますが、予算等の関係上、中古品の購入しか選択肢がないこともあります。そんな時に一つの判断軸となるよう中古品のメリットとデメリットについてまとめました。

中古で買うメリットは支出を抑えることができる

中古足場の相場は定価の20%〜30%となっています。価格は品質だけでなく、需要と供給が大きく関係しています。品質も劣化した部材であっても需要が高ければ高価格で販売されていることもあります。

足場を中古で買うメリットは費用を抑えることができることです。中古品は新品と比較して安価であることから、同じ金額でも新品より多くの量を揃えることができます。そのため、中古でも使用できる足場材は多くあり、費用を抑えることができるため経営基盤の強化に繋がります。

 

中古品でも使用頻度や使用方法により長く使用できる

中古品を購入するデメリットは資材の品質です。

品質は、同じタイプの足場材でもメーカーや劣化した部材が混在します。破損しており使用できない部材は検品されていますが、耐久性に関しては見た目で判断できません。一度使用されたものを購入することになるため、材質には多少の妥協が必要になることもあります。加えて、劣化の進んだ物や耐久性の低いものを購入してしまうリスクもあります。そのため、中古品を購入するうえで信頼できる企業から購入することをおすすめします。

足場を中心とした、仮設機材総合販売サイトである「ASNOVA市場」は、くさび式足場のレンタルサービスを提供している株式会社ASNOVAが運営しており、多くの人に渡る足場をレンタルしている会社だからこそ足場の安全管理を徹底的に行っております。そのため、当社管理の足場は20年以上使用でき、中古品でも安心して使用することが出来ます。

管理方法で足場の使用年数が大きく変わるため、信頼のできる会社から購入することをおすすめします。

まとめ

今回は足場材を中古で購入することについてご紹介していきました。
メリットとデメリットのどちらも存在します。ご自身が妥協できるポイントや、こだわりたいポイントを明確にしてから購入することをおすすめします。

 

ASNOVA市場 LINE公式アカウント 友だち登録はこちら