足場はインテリアにも向いている!足場を活用したインテリアをご紹介します
2023.11.10

足場はインテリアにも向いている!足場を活用したインテリアをご紹介します

足場は、建築工事で主に使用されています。ですが、足場は工事現場以外でも利用可能なのです!足場でインテリアをつくることってできるの?難しくないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。そこで、今回は足場を使用したインテリアと、インテリアに使用されている足場の種類についてご紹介します!

目次

活用事例

出典:Pinterest

支柱とブラケットを使用して組み立てられています。ものを置く台に木を使うことでおしゃれさが増します。 くさび式足場であれば高さを変えることが可能であり、棚の上に置くものに合わせて高さを組み替えられるので、棚を買いなおす必要がありません。

シェルフ

出典:Pinterest

くさび式足場の支柱と手摺、踏板の3つが使用されています。 足場は鋼製なので多くはシルバー色ですが、黒に塗装することでシックな家具を簡単に作ることができます。

ガレージロフト

出典:Pinterest

単管パイプでつくられたガレージロフト。ガレージにはデットスペースが生まれてしまうことがあります。そこで、デットスペースを活用するためにロフトをつくることで空間を有効活用することができます。

椅子

出典:LIMIA

単管パイプとクランプを用いて組み立てられた椅子。足場そのものの色がお部屋の雰囲気と合わせて作られています。

キャスター付きテーブル

出典:Pinterest

キャスターを机に繋ぎ合わせることで、移動できるテーブルを作ることができます。キャスターは高さを自由に変えることができるため、使用用途に応じて使い方も変えられるというメリットがあります。

商品一覧

上記で紹介したインテリアで使用されている主な足場資材をご紹介します。

支柱

支柱はコマという緊結部が一定間隔でついている鋼管のことです。支柱には長さの異なる種類があり、これらを組み合わせることでどんな高さの建物にも対応できるようになっています。

ブラケット

ブラケットとは、足場材を足場の建地(支柱)に固定するための金具のことです。支柱のコマに緊結して使用します。

手摺

手摺は支柱のコマに緊結するくさびが両脇についており、くさびを支柱のコマにハンマーで打ち込みます。

踏板

踏板は、足場内の作業用通路などあらゆる床部分に敷かれている資材です。組み上げた足場の床材として使用されます。メッシュ素材で、手摺に引っ掛けるフックが両サイドについています。

▼キャスター

作業台の足元に付ける車輪状の部材のことです。足場用キャスターをつけると、重い足場を簡単に移動させることができます。

▼単管パイプ

単管パイプとは、直径48.6mmのパイプの形をした鋼管です。

まとめ

今回は、足場材を使ったオシャレなインテリア事例を5つご紹介しました。いかがでしたでしょうか。 足場材はアイデア次第でお部屋のさまざまな場所で活躍させる事ができます。

ASNOVA市場では、インテリアに活用できる足場機材を沢山取り扱っております。より詳しい情報についてはお気軽にお問い合わせください!